宇宙機
開発プロジェクト

開発計画と状況

無人機を先行開発して、2022年を目処にサービスを開始する予定です。
無人機開発の途中段階から、並行して有人機の開発にも着手します。

有人機の開発においては、無人機運用に生じた課題をフィーバックさせると共に、有人レベルの信頼性確認を行います。国内での機体認証を経て、2024年での運用開始を目指します。

PLAN開発計画

開発計画の状況画像

STATUS開発状況

現在は、無人機の要素技術開発
フェーズです。
主要要素技術として、

  • エンジン

    デトネーション化、
    燃焼モード切替

  • 機体

    高高度&高速、
    リエントリー対応

  • 制御

    ロングレンジ遠隔操縦、
    自律航行

これらの開発を並行して進めています。

無人機・有人機の情報

Development開発

エンジン

【パルスジェットエンジン】

【パルスデトネーションエンジン】

機体/制御システム

PDAS-X01飛行デモ機

※2008年8月 初飛行

  • 全長:1475mm
  • 全幅:1545mm
  • 全備:6.5kg
  • 動力:パルスジェット×2基
  • 燃料:ガソリン
  • 高度:50m
  • 速度:80km/h

PDAS-X02フライングテストベッド(FTB)

※2010年12月 初飛行

  • 全長:3050mm
  • 全幅:2137mm
  • 全備:30.1kg
  • 動力:ガスタービン×1基
  • 燃料:ケロシン
  • 高度:555m(気圧高度)
  • 速度:255km/h

PDAS-X03A無人化技術実証機

※2013年3月 初飛行

  • 全長:1455mm
  • 全幅:1778mm
  • 全備:3.5kg
  • 動力:電動モータ×1基
  • 燃料:バッテリー
  • 高度:— m
  • 速度:— km/h

PDAS-X04無人化技術実証機+ロングレンジ飛行実証機

※2013年1月 初飛行

  • 全長:2286mm
  • 全幅:3300mm
  • 全備:21.5kg (MTOW)
  • 動力:2st 28cc エンジン×1基
  • 燃料:ガソリン
  • 高度:— m
  • 速度:Max 130 km/h, Cruise 80km/h
  • 航続時間:10時間 (4000ccタンク)

出資者

  • ANAホールディングス
  • HIS
  • ハウステンボス
  • MIZUHO
  • CBC
  • optima vebtures
  • thvp
  • awa
  • future venture capital
  • 株式会社OKBキャピタル
  • 豊田通商株式会社
  • 株式会社よしもと統合ファンド
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • youtube