ニュース

【コメント掲載】第三者割当増資にて約3.1 億円を追加調達

2021-07-21

 

 

PD エアロスペース株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:緒川修治、以下「当社」)は、 高度100km 到達および帰還が可能な『完全再使用型無人サブオービタル機』の開発および宇宙港の建設を促進させ るため、新たな資金の調達と事業推進コンソーシアムを設立いたしましたことをお知らせします。

それぞれの詳細に関しては、プレスリリース全文にて掲載させて頂きます。

 

プレスリリース全文はこちら

 

出資者からのコメント


 

  

 

 

 

  

豊田通商株式会社

取締役会長

 

加留部 淳 様

 

 

 

 

この度の 第三者割当増資での追加資金調達 及び 下地島宇宙港事業推進空港コンソーシアム設立 に心よりお祝い申し上げます。 

 

PDエアロスペース殿は、当社と同じ愛知県を基盤としてチャレンジを続けるモノづくり企業であること、また宇宙機の開発は、豊田通商グループとして掲げておりますサステナビリティの重要課題のひとつである「ネクストモビリティ戦略」に合致するということで、出資について検討を重ねてまいりましたが、今般正式に出資参画させていただくことになりました。 こうして 第三者割当増資引受けのご報告をさせて頂けるのも、ひとえに関係者の皆様のご支援とご協力の賜物と心よりお礼申し上げます。

 

今後PDエアロスペース殿は宇宙機開発事業、宇宙旅行事業、宇宙港運営を含む輸送事業とその事業の領域を拡大されるご計画ですが、今回の追加資金調達とコンソーシアム設立を機に益々ご発展されますことお祈り申し上げます。

 

当社は航空分野において、航空機部品関連事業 及び 仙台国際空港・ラオス国 ワッタイ国際空港において空港運営事業を行っておりますが、宇宙・衛星関連事業にはPDエアロスペース殿への出資を機に新しい事業領域への挑戦となります。   PDエアロスペース殿の事業成功の一助になれるよう、また、豊田通商ならではの宇宙・衛星関連事業を構築できるよう当社関係者一同で誠心誠意努力してまいる所存ですので、今後ともご厚誼ご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

------

 

  

 

 

吉本興業ホールディングス株式会社

代表取締役会長

 

大﨑 洋 様

 

 

 

 

 

 

宇宙にロケットを飛ばす。壮大な夢の実現に参画でき大変興奮しております。
宇宙戦艦ヤマトの「ワープ」のように数時間で日本とNew Yorkを結ぶ革新的な技術。
その技術で愛知県のベンチャー企業が沖縄県下地島を宇宙に行ける島にするという夢。
宇宙と地方創生が見事に結び付けられた事業を吉本興業らしく、楽しく!熱く!応援して行きたいと思っております。

 

------


 

 

 

 

ピンキースウェア株式会社

代表取締役

 

坪田 信貴 様

 

 

 

 地球の隅々まで人間が根を下ろした昨今、宇宙は最後のフロンティアです。


「宇宙に行ってみたい」


という子どもの欲求は、「好奇心のフロンティア」と言い換えることもできるでしょう。


それを実現したいと願うみなさんを応援するのは、明るい人類の夢を応援することと同義でしょう。

心から応援しています。

 

 

出資者のみなさま

ANA

HIS

ハウステンボス

みずほキャピタル

中部日本放送

 

オプティマ・ベンチャーズ

東北大学ベンチャーパートナーズ

阿波製紙

フューチャーベンチャーキャピタル

OKBキャピタル

豊田通商

よしもと統合ファンド

スポンサー企業のみなさま